空海入門 : 弘仁のモダニスト

竹内信夫 著

空海は生まれながらに真言宗祖だったのではなく、自身の自己探求の歩みの帰結としてそうなったにすぎない。人間空海を導き、つき動かすものは、純粋無垢な菩提心だった。山と都市、高野山と平安京、唐代中国と日本、重なり合う複合的な磁場のなかで自らを形づくり、日本文化の設計者となった天才的個性の生涯。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 始まりとしての高野山
  • 第1章 空海の原景
  • 第2章 空海前半生の軌跡
  • 第3章 『請来目録』という作品
  • 第4章 弘仁のモダニズム
  • 終章 再び始まりとしての高野山へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 空海入門 : 弘仁のモダニスト
著作者等 竹内 信夫
書名ヨミ クウカイ ニュウモン : コウニン ノ モダニスト
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1997.5
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 4480057072
NCID BA30555802
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98016134
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想