21世紀に向けた国土づくりと情報通信戦略

建設情報通信研究会 編著

21世紀に我が国が情報立国となれるかは、情報ハイウェイの整備とソフトの開発、FTTHの3点がカギを握る。本書は、国土整備、住宅・都市整備の観点から、これらへの21世紀を見通した取り組みを網羅した良書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 国民生活の将来像
  • 第2章 建設省における情報通信システム導入の歴史と課題
  • 第3章 情報通信インフラ整備の必要性
  • 第4章 行政に対する民間事業者等の期待
  • 第5章 情報通信インフラ30万km構想(中間とりまとめ)
  • 第6章 ITS(高度道路交通システム)の開発と整備
  • 第7章 総合防災情報システムの推進
  • 第8章 GISの整備と普及
  • 第9章 公共収容空間の占用等に関する動き
  • 第10章 アジアを取り巻く情報通信の現状

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 21世紀に向けた国土づくりと情報通信戦略
著作者等 建設情報通信研究会
建設省
書名ヨミ ニジュウイッセイキ ニ ムケタ コクドズクリ ト ジョウホウ ツウシン センリャク
書名別名 Nijuisseiki ni muketa kokudozukuri to joho tsushin senryaku
出版元 大成出版社
刊行年月 1997.3
ページ数 255p
大きさ 26cm
ISBN 4802881487
NCID BA30553498
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97075802
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想