建築家の学校

上田篤 編 ; 京都精華大学建築分野 著

大学教育に関して、教師に対するまた自分自身に対する不信や不満は、昔からあったし今も変わらない。本書は、こうした日本の大学の教育システムを本気で改革しようと動き出した小さな私立大学の建築系の教師たちとそれを受けて立った学生たちとの、10年間の実験報告である。とはいえこの報告は、理想を見事に成し遂げたというだけの物語ではない。さまざまな問題点も率直に語られている。いってみれば、大学の建築教育の何が問題であるかを、実体験を通して明確にしたのが本書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 京都精華大学建築分野は五つのスクールの連合
  • 京都精華大学建築分野の10年
  • 1 内外のバランスをポジティヴに体得するチャンネルを用意する
  • 2 建築はオーナーとメーカーとユーザーとが参加するゲームだ
  • 3 文学や音楽や映画から強烈なインスピレーションを感じる
  • 4 建築は常に解答であって、批判ではないんだから…
  • 5 「田一枚植えて立ち去る柳かな」を建築化せよ
  • 6 倒れそうもない大木より、しなやかに立っている柳のように
  • 7 芸術教育は人生を変えるかもしれない瞬間をつくりだす力がある
  • 8 考え抜いた途中のプロセスに潜在的なパワーが蓄積される
  • 卒業生を追って

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 建築家の学校
著作者等 上田 篤
京都精華大学
京都精華大学建築分野
書名ヨミ ケンチクカ ノ ガッコウ
シリーズ名 住まい学大系 83
出版元 住まいの図書館出版局 : 星雲社
刊行年月 1997.4
ページ数 269, 16p
大きさ 18cm
ISBN 479522126X
NCID BA30549468
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98004467
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想