環日本海経済圏 : その構想と現実

金田一郎 著

日本、韓国、中国、ロシア極東などの、日本海を取り巻く諸国・諸地域が結合して、経済振興を同時に図ろう、という「環日本海経済圏」構想。垂直的分業から水平的分業への二段階のプロセスを経て、圏内各国・各地域が、経済的相互作用の中で、「平準化」を進展させていく-著者の提唱するこの構想は今、いかなる可能性を抱えているのか?具体的事例に即しつつ明かす「環日本海経済圏」の現実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「環日本海経済圏」はいま…
  • 第1章 「環日本海経済圏」のアイデンティティ-歴史的・地理的に眺める
  • 第2章 平準化とは何か-その理論的枠組み
  • 第3章 「環日本海圏」の経済発展
  • 終章 展望-国境を超えた共同事業へ向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環日本海経済圏 : その構想と現実
著作者等 金田 一郎
書名ヨミ カンニホンカイ ケイザイケン : ソノ コウソウ ト ゲンジツ
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1997.5
ページ数 251p
大きさ 19cm
ISBN 4140017953
NCID BA30549253
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98055318
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想