歴史と表象 : 近代フランスの歴史小説を読む

小倉孝誠 著

フランス19世紀は革命と戦争と民衆によって特徴づけられ、それゆえ歴史小説の黄金時代でもあった。バルザック、デュマ、フロベール、ゾラなどの傑作群、さらには20世紀のプルースト、ユルスナールまで含めて、歴史と物語のエクリチュールのせめぎあいのなかに、作品が当時の社会的想像力と切り結んだ説話空間を鮮かに開示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 歴史小説の基本問題
  • 第1章 歴史小説の誕生
  • 第2章 歴史叙述の論理とレトリック-ティエリとその周辺
  • 第3章 ロマン主義時代の歴史小説
  • 第4章 フランス革命の表象-デュマとエルクマン=シャトリアン
  • 第5章 十九世紀文学における民衆-バルザック、ミシュレ、ゾラ
  • 第6章 フロベールの『感情教育』と革命の詩学
  • 第7章 知・歴史・神話-ゾラの『壊滅』を読む
  • 第8章 戦争と文学-プルースト『失われた時を求めて』
  • 第9章 皇帝の回想から家族の年代記へ-ユルスナールと歴史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史と表象 : 近代フランスの歴史小説を読む
著作者等 小倉 孝誠
書名ヨミ レキシ ト ヒョウショウ
出版元 新曜社
刊行年月 1997.4
ページ数 316p
大きさ 20cm
ISBN 4788505940
NCID BA30546299
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97076243
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想