世界都市の論理

ポール・L.ノックス, ピーター・J.テイラー 共編 ; 藤田直晴 訳編

ニューヨーク、東京、ロンドンのような都市は多国籍企業、国際金融、多国籍機関、テレコミュニケーションの一大中心である。これらの都市はまさに現代世界経済の支配拠点であり、世界諸問題のなかでのこれら比較的少数都市の影響が1970年代から1980年代にかけて生じた経済の国際化からグローバル化への移行を特色づけてきた。本書は、このような世界都市の関わる研究諸分野における主導的研究者による理論的・実践的なオリジナル論文13編(原書は17編)から構成される。これらの論文では、世界都市の性質、特別な場所ゆえに生じる特殊な政策要求、グローバルな経済循環ネットワークのなかでの世界都市相互の関係、そして世界都市研究、世界システム分析および他の理論的フレームワークの間の諸関係が解明される。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 導入-世界都市、その理論と文脈
  • 第2部 システムのなかの都市
  • 第3部 世界都市における政治と政策-その理論と実践

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界都市の論理
著作者等 Knox, Paul L
Taylor, Peter J.
Taylor, Peter James
大六野 耕作
川口 太郎
広松 悟
神谷 浩夫
藤田 直晴
Taylor Peter J.
テイラー ピーター・J.
ノックス ポール・L.
書名ヨミ セカイ トシ ノ ロンリ
書名別名 World cities in a world-system. (抄訳)

Sekai toshi no ronri
出版元 鹿島出版会
刊行年月 1997.5
ページ数 204p
大きさ 22cm
ISBN 4306072053
NCID BA30533592
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97076819
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想