変貌する社会 : 文化人類学からのアプローチ

森部一 ほか編著

伝統の創出・揺らぎ・柔軟性。社会や文化が常にさらされている変化の具体的様相を、そこに生きる人びとの姿を通して明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 本書の構成
  • 第1章 文化人類学における歴史研究
  • 第2章 文化人類学と現代社会
  • 第3章 中世民衆の社会的分化
  • 第4章 「台湾人」と漢族文化
  • 第5章 バリ島の伝統・観光・バリ研究
  • 第6章 マヤの神とラディーノの神
  • 第7章 台湾アミ族の母系制社会
  • 第8章 タイにおける近年の宗教の動向
  • 第9章 女神祭祀と村の権力
  • 第10章 村長ガウイの村落開発戦略について
  • 第11章 村人の仏教理解と仏教徒アイデンティティ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 変貌する社会 : 文化人類学からのアプローチ
著作者等 大岩 碩
森部 一
水谷 俊夫
書名ヨミ ヘンボウスル シャカイ
書名別名 Henbosuru shakai
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1997.5
ページ数 293p
大きさ 21cm
ISBN 4623027139
NCID BA30514554
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97075391
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想