援助者のためのアルコール・薬物依存症Q&A

吉岡隆 編

警察官通報や暴力を伴うケースが多いアルコールや薬物の依存症者は関係者でも敬遠しがち。そうした嗜癖問題に携わる医療・保健・福祉の専門職に向けた待望のガイドブック。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 相談と介入(アルコール問題をどのように発見するのか
  • 相談には本人が行かないとだめか ほか)
  • 2 病気の理解と治療(物質嗜癖、行為嗜癖、関係嗜癖とは?
  • アルコール依存症の診断基準は? ほか)
  • 3 家族への対応(アルコール依存症の家族教育とは?
  • アルコール依存症の家族にどう接するのか ほか)
  • 4 回復と支援(「セルフヘルプグループ」とは何か
  • 日本の断酒運動の歴史 ほか)
  • 5 コラム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 援助者のためのアルコール・薬物依存症Q&A
著作者等 吉岡 隆
書名ヨミ エンジョシャ ノ タメノ アルコール ヤクブツ イソンショウ Q & A
出版元 中央法規
刊行年月 1997.5
ページ数 225p
大きさ 21cm
ISBN 480581568X
NCID BA3051434X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99024180
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想