住民訴訟論

関哲夫 著

博士論文;博士論文;版表示: 新版

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 第1章 目的と対象
  • 第2章 当該行為・怠る事実の違法性
  • 第3章 損害の発生ないしその可能性
  • 第4章 請求形式をめぐる諸問題
  • 第5章 当事者適格
  • 第6章 訴訟資料の開示と行政上の秘密
  • 第7章 住民監査請求の前置
  • 第8章 応訴費用の公費負担

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 目的と対象
  • 第2章 当該行為・怠る事実の違法性
  • 第3章 損害の発生ないしその可能性
  • 第4章 請求形式をめぐる諸問題
  • 第5章 被告適格
  • 第6章 その他の諸問題

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次 / p3
  • はしがき / p1
  • 第一章 目的と対象 / p1
  • 一 総説 / p1
  • 二 公金の支出 / p20
  • 三 財産の取得、管理又は処分 / p26
  • 四 契約の締結若しくは履行 / p33
  • 五 債務その他の義務の負担 / p44
  • 六 怠る事実 / p54
  • 第二章 当該行為・怠る事実の違法性 / p61
  • 一 違法一般 / p61
  • 二 先行行為の違法性の承継 / p70
  • 三 瑕疵の治癒 / p113
  • 第三章 損害の発生ないしその可能性 / p119
  • 一 総説 / p119
  • 二 請求形式と損害の関係 / p120
  • 三 行為等の態様の観点からの分析 / p131
  • 第四章 請求形式をめぐる諸問題 / p173
  • 一 はじめに / p173
  • 二 一号請求の要件 / p174
  • 三 二号請求の対象性 / p180
  • 四 三号請求と四号請求の関係 / p196
  • 五 仮の救済 / p225
  • 第五章 被告適格 / p231
  • 一 問題の所在 / p231
  • 二 権限の委任等が行われた場合における被告適格 / p232
  • 三 四号請求における議長の被告適格 / p243
  • 四 四号請求における長の被告適格-賠償命令手続との関係 / p248
  • 五 四号請求訴訟において地方公共団体が被告職員側に補助参加することの可否 / p267
  • 第六章 その他の諸問題 / p279
  • 一 住民監査請求の前置 / p279
  • 二 文書提出命令 / p305
  • 三 訴訟費用の公費負担 / p314
  • 引用判例一覧 / p4
  • 索引 / p1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 住民訴訟論
著作者等 関 哲夫
書名ヨミ ジュウミン ソショウロン
出版元 勁草書房
刊行年月 1997
版表示 新版.
ページ数 331p
大きさ 22cm
ISBN 4326401087
NCID BA30499461
BN00934009
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87004845
98002109
22683378
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想