東海道名所図会を読む

粕谷宏紀 著

参勤交代や下命を受けた武士、行商などの商人、そしてレジャーと化した巡礼修行の老若男女と、東海道は江戸時代にもっとも往来の激しい街道であった。そんな街道の様子・旅人の風俗などを挿絵から興味深く解説。巻末に「近世の旅について」の解説と、当時旅人のために刊行された『旅行用心集』『東海道人物志』を付し、往時の旅の様子を活写。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本橋-東京都中央区日本橋一丁目・室町一丁目
  • 愛宕社・築地御堂・佃島住吉・新橋・京橋-東京都港区・中央区
  • 芝の書肆-東京都港区芝大門
  • 芝海-東京都港区芝浦
  • 三田八幡宮-東京都港区三田七丁目
  • 高輪茶店-東京都港区高輪
  • 御殿山・天王社-東京都品川区北品川
  • 浅草海苔-東京都大田区大森〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東海道名所図会を読む
著作者等 粕谷 宏紀
書名ヨミ トウカイドウ メイショ ズエ オ ヨム
出版元 東京堂
刊行年月 1997.4
ページ数 267p
大きさ 21cm
ISBN 4490203098
NCID BA30467002
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97073721
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想