現代国際社会と日本の役割 : 真の国際貢献とは何か

菊井礼次 著

自衛隊派遣、ODA供与第一位-真の国際貢献のあり方が問われているいま、わが国が地球社会の一員として果たせる国際貢献とは何か?戦後国際社会における日本の位置と役割の再検討を通して、そのあるべき姿を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 国際問題への関心-私の学生時代の経験から
  • 第1章 「太平洋戦争」と「十五年戦争」・「アジア・太平洋戦争」-現代日本と第二次世界大戦の教訓
  • 第2章 現代国際政治の主な見方と問題点
  • 第3章 戦後国際政治の枠組みをどう捉えるか-戦前との対比
  • 第4章 戦後日米関係と「安保体制」-東西「冷戦期」から「脱冷戦期」へ
  • 第5章 戦前・戦後の日露(日ソ)関係と「北方領土」
  • 第6章 旧ソ連外交の功罪と挫折要因
  • 終章 二十世紀末国際社会と日本の役割-国民から見た国際貢献

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代国際社会と日本の役割 : 真の国際貢献とは何か
著作者等 菊井 礼次
書名ヨミ ゲンダイ コクサイ シャカイ ト ニホン ノ ヤクワリ
シリーズ名 Minerva21世紀ライブラリー 38
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1997.4
ページ数 216p
大きさ 20cm
ISBN 4623027678
NCID BA30465084
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97075322
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想