人類を創った神々

エーリッヒ・フォン・デニケン 著 ; 金森誠也 訳

1965年、南米大陸の地下深く巨大なトンネル網が発見された。そこで発掘された石像、石、黄金板に刻まれた絵画や文化に注目したデニケンが、独自の着想と論証によって、人類誕生の謎に迫る驚愕の問題作。太古の宇宙戦争、敗者の地球への飛来、遺伝子操作による人類の創出など、壮大な構想を次々に展開する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 神々の黄金
  • 第2章 神々の戦い
  • 第3章 中国にも神々の足跡がある
  • 第4章 ナンマタールと名づけられた島-テムアン
  • 第5章 インディオの足跡をたずねて
  • 第6章 珍品、奇品、そして憶測
  • 第7章 「エス」あるいは播種と宇宙

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人類を創った神々
著作者等 Däniken, Erich von
金森 誠也
Von D¨aniken Erich
フォン・デニケン エーリッヒ
書名ヨミ ジンルイ オ ツクッタ カミガミ
書名別名 Aussaat und Kosmos
出版元 角川書店
刊行年月 1997.2
ページ数 242p
大きさ 18cm
ISBN 4047912662
NCID BA30459467
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97052819
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想