南京虐殺と日本軍 : 幕府山の中国人捕虜殺害事件の真相

渡辺寛 著

南京市北東方に幕府山と呼ばれる小高い山があるが、その近辺で万を超す中国人捕虜を含む大量殺害事件が世に伝えられている。本書の目的はこの地区で起こされたと伝えられる日本軍による中国人捕虜の殺害事件の実態を明らかにすることである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 南京までの道のり
  • 第2章 正史の伝説
  • 第3章 正史をくつがえす証言
  • 第4章 事件の真相

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 南京虐殺と日本軍 : 幕府山の中国人捕虜殺害事件の真相
著作者等 渡辺 寛
書名ヨミ ナンキン ギャクサツ ト ニホングン
書名別名 Nankin gyakusatsu to nihongun
出版元 明石書店
刊行年月 1997.4
ページ数 264p
大きさ 20cm
ISBN 475030915X
NCID BA30457428
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97076576
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想