校内暴力

柿沼昌芳, 永野恒雄 編著

校内暴力は終わっていない!80年代初頭、彼らは暴力と破壊によって「理由なき反抗」を表現したが、それは閉鎖的な学校空間、教師への不信、親の期待と受験戦争、家族関係の崩壊等々、窒息しそうな日常を癒す手段を暴力と破壊以外に知らなかったからに他ならない。そして校内暴力は、いまなお終息してはいない。校内暴力を通して戦後教育の実相・本質に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 なぜ、いま「校内暴力」を問うのか
  • 第1章 ドキュメント・校内暴力
  • 第2章 回想「校内暴力」
  • 第3章 今日の校内暴力-校内暴力は終っていない
  • 第4章 高校紛争から校内暴力へ
  • 第5章 70年代の社会状況と校内暴力
  • 第6章 校内暴力から何を学ぶか-4つのキーワードを考える
  • 第7章 80年代校内暴力の「終息過程」
  • 結章 管理されるものは管理する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 校内暴力
著作者等 柿沼 昌芳
永野 恒雄
書名ヨミ コウナイ ボウリョク
シリーズ名 戦後教育の検証 2
出版元 批評社
刊行年月 1997.5
ページ数 301p
大きさ 21cm
ISBN 4826502273
NCID BA30450407
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97074006
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想