対人恐怖の心理 : 羞恥と日本人

内沼幸雄 著

対人緊張、赤面恐怖、蒼面恐怖、表情恐怖、態度恐怖、醜貌恐怖、視線恐怖。これらのすべて、進行段階に応じた対人恐怖の中核的症状であり、病状変遷の出発点となるのは「羞恥」する心である。この病いは、諸外国にくらべ日本に目立って多くみられる。対人恐怖という神経症の底に横たわる「羞恥の構造」を解き明かし、「羞恥」を手がかりに日本人の心性や文化のありようまでをも探った異色の精神病理学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 対人恐怖の精神病理学序説(対人恐怖の臨床像
  • 対人恐怖の精神病理学序論)
  • 第2章 羞恥の構造(羞恥の病理
  • 羞恥の構造
  • その他の羞恥論の批判的考察)
  • 第3章 罪の構造(罪の病理
  • 罪の構造)
  • 第4章 羞恥の文化(和辻哲郎とサルトル
  • 日本文化論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 対人恐怖の心理 : 羞恥と日本人
著作者等 内沼 幸雄
書名ヨミ タイジン キョウフ ノ シンリ
書名別名 Taijin kyofu no shinri
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1997.5
ページ数 292p
大きさ 15cm
ISBN 4061592823
NCID BA30441053
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97072287
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想