フランス革命の光と闇 : 革命200年記念シンポジウム(1989-1994年)

札幌日仏協会 編

自由・平等・友愛と流血・戦争・独裁の光と闇。フランス革命の6年間を多面的に最高の革命史家に学び、新しい人類文化を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1990年(革命祭典の図像
  • モンテスキューとフランス革命
  • スタンダールと革命)
  • 1991年(ナショナリズムとインターナショナリズム-フランス革命期からナポレオンへ)
  • 1992年(フランス革命における戦争と平和-一七九二年を中心に
  • ナポレオン戦争とロシア-トルストイ作『戦争と平和』をめぐって)
  • 1993年(ルソー、ロベスピエール、テロルとフランス革命)
  • 1994年(フランス革命と独裁
  • 「フランス革命の光と闇」に学んで-日本国憲法の平和の理念とその実現の仕方について思う)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランス革命の光と闇 : 革命200年記念シンポジウム(1989-1994年)
著作者等 札幌日仏協会
書名ヨミ フランス カクメイ ノ ヒカリ ト ヤミ
書名別名 Furansu kakumei no hikari to yami
出版元 勁草書房
刊行年月 1997.5
ページ数 194, 5p
大きさ 22cm
ISBN 4326200383
NCID BA30438048
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97076606
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想