フランス語はどんな言葉か

田辺保 著

フランスではどんなに高度な内容の学術論文でも、言葉の適切さと美しさを伴わなければ価値を認められないといわれる。通り雨が石畳をぬらすパリの町角では、耳の中に小さな余韻を残す柔らかい語尾をもった言葉が交わされる。フランス語の美しい響きをこよなく愛する著者が、豊かな風土と文化に磨きぬかれたフランス語の特質を解説。もっとも洗練された言葉、フランス語を知るための最良の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古いガリアのことば
  • 第2章 そびえ立つカテドラル
  • 第3章 ロワール川のほとり
  • 第4章 カルチエ・ラタンにて
  • 第5章 にせの友「英語」
  • 第6章 ドーデの風車小屋
  • 第7章 エスプリとメゾン
  • 第8章 文法のはざまで
  • 第9章 フランス語のこころ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランス語はどんな言葉か
著作者等 田辺 保
書名ヨミ フランスゴ ワ ドンナ コトバ カ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1997.5
ページ数 247p
大きさ 15cm
ISBN 4061592815
NCID BA30427325
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97072684
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想