青色発光デバイスの魅力 : 広汎な応用分野を開く

赤崎勇 編著

青色発光デバイスは魅力に富んだデバイスである。発光ダイオード分野では青色の登場で3原色が整い、フルカラーディスプレイが期待できる。また半導体レーザ関係では従来の赤色型に比べ短波長であることからDVDなど、ディスクの高密度化が格段に向上するなどのメリットが生み出され、新たな応用展開が期待できる。本書ではこのデバイスの開発状況から具体的応用、さらには今後の展望などにつきていねいに解説した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 青色発光について
  • 第2章 ZnSe系青色発光デバイス
  • 第3章 GaN系青色発光デバイス
  • 第4章 エレクトロルミネッセンス(EL)
  • 第5章 光二次高調波発生

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 青色発光デバイスの魅力 : 広汎な応用分野を開く
著作者等 赤崎 勇
書名ヨミ アオイロ ハッコウ デバイス ノ ミリョク : コウハンナ オウヨウ ブンヤ オ ヒラク
書名別名 Aoiro hakko debaisu no miryoku
シリーズ名 K books series 122
出版元 工業調査会
刊行年月 1997.5
ページ数 273p
大きさ 19cm
ISBN 4769311524
NCID BA30405413
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98029685
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想