食中毒はなぜ頻発するのか : 病原大腸菌O-157事件の教訓

三瀬勝利 著

食中毒の防止のために。日本では年間一千万人の人が食中毒にかかっている。食中毒の原因と対策を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 食中毒の現状
  • 第2章 食中毒菌の素顔
  • 第3章 経口感染伝染病菌
  • 第4章 自然毒食中毒と化学性食中毒
  • 第5章 食中毒の予防と処置
  • 第6章 食品の安全性確保をめぐる諸問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食中毒はなぜ頻発するのか : 病原大腸菌O-157事件の教訓
著作者等 三瀬 勝利
書名ヨミ ショクチュウドク ワ ナゼ ヒンパツスルノカ : ビョウゲン ダイチョウキン O-157 ジケン ノ キョウクン
出版元 日本図書刊行会 : 近代文芸社
刊行年月 1997.4
ページ数 170p
大きさ 20cm
ISBN 4890392793
NCID BA30398464
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98002023
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想