ロマーノフ王朝滅亡

マーク・スタインバーグ, ヴラジーミル・フルスタリョーフ 編 ; 川上洸 訳

ロシア最後の皇帝とその一家をめぐる運命の500日。最後のツァーリ、ニコラーイ二世と妃アレクサーンドラとのあいだに交わされた手紙やふたりの日記を横糸に、生まれたばかりのソヴェート政権の内部機密文書を縦糸にして、二月革命の勃発からロマーノフ王家終焉までの運命の日々をドラマティックに描く資料集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ニコラーイとアレクサーンドラ-その知的世界
  • 第1章 革命
  • 第2章 ツァールスコエ・セローに拘禁されて
  • 第3章 シベリアに囚われて
  • 第4章 エカテリンブールクでの死

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロマーノフ王朝滅亡
著作者等 Khrustalev, Vladimir M
Steinberg, Mark D
川上 洸
Khrustal¨ev Vladimir M.
フルスタリョーフ ヴラジーミル・M.
スタインバーグ マーク・D.
書名ヨミ ロマーノフ オウチョウ メツボウ : カクメイキ ノ セイジ ノ ユメ ト コジン ノ クトウ
書名別名 The fall of the Romanovs

革命期の政治の夢と個人の苦闘

Romanofu ocho metsubo
出版元 大月書店
刊行年月 1997.3
ページ数 442, 46p
大きさ 22cm
ISBN 4272530275
NCID BA3033185X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98041225
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想