母の影

北杜夫 著

私が幼い頃、母(輝子)はなぜか家を出ていた。強烈な個性を発散する父(斎藤茂吉)との生活のなかで、母と過ごした海辺のひと夏は幼年期の黄金の刻だった。やがて、戦争、空襲、疎開、そして戦後の混乱と茂吉の死…。生涯、自分流の生き方をつらぬき、後年は世界を飛びあるいて"痛快婆さま"と呼ばれた母と家族を、回想と追憶のなかに、抒情的かつユーモラスに描く自伝的小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 母の影
著作者等 北 杜夫
書名ヨミ ハハ ノ カゲ
書名別名 Haha no kage
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1997.5
版表示 7刷改版
ページ数 243p
大きさ 16cm
ISBN 4101131503
NCID BA30316991
BB04080545
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98001813
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想