道楽科学者列伝 : 近代西欧科学の原風景

小山慶太 著

恵まれた才能と富を活かし、「学問という最高の道楽」を楽しんで、卓越した業績を挙げたディレッタントたち。華麗な恋の遍歴のはてにニュートンの『プリンキピア』仏訳を完成したシャトレ侯爵夫人、領地の森をフィールドに『博物誌』を著したビュフォン伯爵、大銀行の長男に生まれながら動物学者の道を歩んだウォルター・ロスチャイルドらの姿に、学問が職業として確立する以前の、好奇心と遊び心が融合した近代科学の"原風景"を見る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 道楽としての学問
  • 1章 恋と物理学の生涯-シャトレ侯爵夫人
  • 2章 『博物誌』を著わしたパリ王立植物園園長-ビュフォン伯爵
  • 3章 断頭台に消えた化学者-ラヴォアジエ
  • 4章 ロンドン王立協会に君臨した探検家-バンクス
  • 5章 火星に運河を見た名門の御曹司-ローエル
  • 6章 動物学者になった銀行家の跡取り-ウォルター・ロスチャイルド
  • 終章 ディレッタントの末裔たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道楽科学者列伝 : 近代西欧科学の原風景
著作者等 小山 慶太
書名ヨミ ドウラク カガクシャ レツデン : キンダイ セイオウ カガク ノ ゲンフウケイ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1997.4
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 4121013565
NCID BA30315864
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98017123
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想