松下幸之助・成功への軌跡 : その経営哲学の源流と形成過程を辿る

佐藤悌二郎 著

9歳で奉公にでた少年が数十年後、大家電グループの経営者となって秘密はなにか?膨大な資料を読み解き、事実を検証し、松下幸之助の人生を追い続けてきた著者が渾身の力で放つ大著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 創業前史(和歌山時代-出生から紀ノ川の別れまで
  • 船場奉公時代-商売のメッカで修業
  • 桜セメント・大阪電燈時代-勤め人時代の幸之助)
  • 第2部 独立・創業(独立〜大開町時代-産業人の真使命感得のあとさき
  • 門真移転、終戦まで-従業員への訴えにみるその経営精神
  • 戦後苦難期-PHP活動が経営哲学に与えた影響
  • 再建期-訪米・米国が経営哲学に与えた影響)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 松下幸之助・成功への軌跡 : その経営哲学の源流と形成過程を辿る
著作者等 佐藤 悌二郎
書名ヨミ マツシタ コウノスケ セイコウ エノ キセキ
書名別名 Matsushita konosuke seiko eno kiseki
出版元 PHP研究所
刊行年月 1997.3
ページ数 502p
大きさ 20cm
ISBN 4569555748
NCID BA3031581X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97071923
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想