19世紀フランス愛・恐怖・群衆 : 挿し絵入新聞「イリュストラシオン」にたどる

小倉孝誠 著

事件でたどる不安と混迷の世紀。陰謀、姦通、巡礼-当時の社会現象に見るパリの情景。1813年に創刊された挿絵入新聞の記事と図版を手がかりに、ユゴーの死やアナーキスト・テロなどの事件が契機となって浮上してくる人びとの情動や意識のありかたを探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 動物たちの十九世紀
  • 2 姦通の生理学
  • 3 世紀末アナーキストの群像
  • 4 陰謀と秘密結社
  • 5 ヴィクトル・ユゴーの死
  • 6 聖母マリアを見た少女
  • 7 パリの自画像の系譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 19世紀フランス愛・恐怖・群衆 : 挿し絵入新聞「イリュストラシオン」にたどる
著作者等 小倉 孝誠
書名ヨミ 19セイキ フランス アイ キョウフ グンシュウ : サシエ イリ シンブン イリュストラシオン ニ タドル
出版元 人文書院
刊行年月 1997.3
ページ数 294p
大きさ 22cm
ISBN 4409510444
NCID BA30286722
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98018813
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想