比較社会・入門 : グローバル時代の<教養>

苅谷剛彦 編

いま求められている「教養」とは何か?「知識伝達型」に終始したこれまでの大学教育への反省に立ち気鋭の研究者たちが徹底した討議と工夫からつくった画期的なテキスト。グローバル時代に最適の基本書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 グローバル時代を生きる-いま求められる「教養」とは何か
  • 1 企業-異文化理解の落とし穴
  • 2 宗教-洗脳社会の謎
  • 3 芸術-アートはビジネスになりうるか
  • 4 教育-ニッポンは学歴社会か?
  • 5 価値観-フェアって何?
  • 6 ジェンダー-主婦する・しないの選択
  • 7 エスニシティ-私の異文化体験・「福祉」の現場から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 比較社会・入門 : グローバル時代の<教養>
著作者等 苅谷 剛彦
書名ヨミ ヒカク シャカイ ニュウモン
書名別名 Hikaku shakai nyumon
シリーズ名 有斐閣選書
出版元 有斐閣
刊行年月 1997.4
ページ数 178p
大きさ 19cm
ISBN 4641182825
NCID BA30272535
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97072113
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想