近代世界の公共宗教

ホセ・カサノヴァ 著 ; 津城寛文 訳

本書は、公共宗教の新たな段階での復興というグローバルな現象を、スペイン、ポーランド、ブラジル、アメリカ合衆国という四つの地域における、カトリシズムとプロテスタンティズムという二つの宗教的伝統を事例として、論じている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 世俗化と啓蒙主義と近代宗教
  • 2章 私的宗教と公共宗教
  • 3章 スペイン-国家教会から公認廃止へ
  • 4章 ポーランド-国民の教会から市民社会へ
  • 5章 ブラジル-寡頭制の教会から民の教会へ
  • 6章 福音主義プロテスタンティズム-市民宗教から根本主義セクト、新キリスト教右翼へ
  • 7章 合衆国におけるカトリシズム-私的デノミネーションから公的デノミネーションへ
  • 8章 近代宗教の脱私事化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代世界の公共宗教
著作者等 Casanova, José
津城 寛文
Casanova Jos'e
カサノヴァ ホセ
書名ヨミ キンダイ セカイ ノ コウキョウ シュウキョウ
書名別名 Public religions in the modern world

Kindai sekai no kokyo shukyo
出版元 玉川大学出版部
刊行年月 1997.5
ページ数 390p
大きさ 22cm
ISBN 4472108712
NCID BA30257622
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97066745
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想