測度と積分

折原明夫 著

このシリーズは各地の大学の理学部、教育学部などの教学教育のカリキュラムを参考にして、そこで一般的に取り上げられている科目に対応して巻が編まれている。各巻ではそれぞれの主題について、基本的事項に重点をおいた、平明な解説がなされている。ルベーグ積分が現代数学にとって欠くべからざるものであることはいうまでもないが、近年応用面も含め無限次元への関心が高まっており、無限次元をもこめた解析学の基礎としての測度およびそれに基づく積分の理論はその重要性を増しつつある。本書はこれらの理論の基礎を解説したもの。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ルベーグ測度
  • 2 積分
  • 3 直積測度とフビニの定理
  • 4 加法的集合函数
  • 5 函数空間とフーリエ解析
  • 6 ヒルベルト空間上の測度

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 測度と積分
著作者等 折原 明夫
書名ヨミ ソクド ト セキブン
シリーズ名 数学シリーズ
出版元 裳華房
刊行年月 1997.4
ページ数 265p
大きさ 21cm
ISBN 4785314095
NCID BA30251626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97075524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想