中国語研究ことばの性相

内藤正子 著

人間はことばを作り、使い、そしてことばによって影響される。人間とことばの関係は決して自者と他者という固定的なものではなく、互いに影響しあって存在しているのである。そして万有の各々が先天的に相と性とを具えているとするならば、ことばもまた、外面に現われたる姿、すなわち相と、内面的不変の性質、すなわち性を具えていると見ることができる。本書は著者の今までの中国語に関する論文を収めたものである。第一章と第二章は、現代中国語の文法についての問題を扱っている。第三章は、日本語や英語との比較という観点から、中国語の表現について考えてみたものである。第四章は、それまでに取り上げた、どちらかと言えば表面にあらわれた問題ではなく、一般言語学的な概念や範畴に関する問題を扱ったものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 文法研究
  • 対照研究
  • 言語理論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国語研究ことばの性相
著作者等 内藤 正子
書名ヨミ チュウゴクゴ ケンキュウ コトバ ノ ショウソウ
書名別名 Chugokugo kenkyu kotoba no shoso
出版元 白帝社
刊行年月 1997.3
ページ数 244p
大きさ 22cm
ISBN 4891743085
NCID BA3024976X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97075979
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想