逆説の日本史  5(中世動乱編) (源氏勝利の奇蹟の謎)

井沢元彦 著

なるほど形のうえでは源氏と平家が争っているように見える。また『平家物語』『源平盛衰記』といった作品は、その点を重視している。しかし、よく考えてみると、頼朝と義仲の争いは「源平」ならぬ「源源」決戦だ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 鎌倉幕府の誕生(1)源頼朝と北条一族の謎編-「源源合戦」「幕府成立」を予見した北条時政の謀略
  • 第2章 鎌倉幕府の誕生(2)源義経と奥州藤原氏編-"戦術の天才"義経が陥った「落とし穴」
  • 第3章 鎌倉幕府の誕生(3)執権北条一族の陰謀編-鎌倉「幕府」を教える歴史教科書の陥穽
  • 第4章 武家政治の確立(1)悲劇の将軍たち編-「言霊将軍」実朝を暗殺した黒幕
  • 第5章 武家政治の確立(2)北条泰時と御成敗式目編-「法の正義」に優先する「道理」精神

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 逆説の日本史
著作者等 井沢 元彦
書名ヨミ ギャクセツ ノ ニホンシ
書名別名 源氏勝利の奇蹟の謎

Gyakusetsu no nihonshi
巻冊次 5(中世動乱編) (源氏勝利の奇蹟の謎)
出版元 小学館
刊行年月 1997.5
ページ数 329p
大きさ 20cm
ISBN 4093794162
NCID BA30247877
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97060586
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想