ディエゴとフリーダ

ル・クレジオ [著] ; 望月芳郎 訳

二人を結び合わせたのは、インディオの夢、革命の情熱。二人の創造者の運命的な愛。今世紀メキシコを代表する壁画家ディエゴ・リベーラ(1886〜1957)と、リベーラより21歳年下で三番目の結婚相手の画家フリーダ・カーロ(1907〜1954)-1920〜30年代を生きた芸術家カップルの情熱と波瀾万丈の生涯を、インディオ世界への共感をこめて描く、ル・クレジオはじめての評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人喰い鬼との出会い
  • 2 パリの野蛮人
  • 3 フリーダ-『ほんとうの悪魔』
  • 4 革命時代の恋
  • 5 二人の生活-天才の妻となること
  • 6 世界の都
  • 7 革命途上のアメリカ合衆国の肖像
  • 8 ニューヨークでの闘い
  • 9 口の開いた傷の記憶
  • 10 愛の革命
  • 11 永遠の子供
  • 12 インディオの祭
  • 13 革命、最後の最後まで
  • 14 乱痴気騒ぎの死者たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ディエゴとフリーダ
著作者等 Le Clézio, J.-M. G.
Le Clézio, Jean-Marie Gustave
望月 芳郎
Le Clezio J.M.G.
ル・クレジオ J.M.G.
書名ヨミ ディエゴ ト フリーダ
書名別名 Diego et frida
出版元 新潮社
刊行年月 1997.3
ページ数 232p
大きさ 20cm
ISBN 4105106147
NCID BA30237352
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97056506
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 スペイン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想