アウグスティヌスの探求構造

荒井洋一 著

本書は、アウグスティヌスの『告白』と『独白』を主要な典拠として、アウグスティヌスの探求構造に関する新しい分析と解釈の可能性を示そうとするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 人称存在論的な自己認識論・他者認識論の試み
  • 第1章 『告白』冒頭の構造と「呼びかけ」
  • 第2章 「私が言い表せるようにあわれみたまえ」Miserere ut loquar-『告白』冒頭の構造に照らして
  • 第3章 アウグスティヌスにおける場所的表現の意味
  • 第4章 泣くことはなぜ甘美であるのか
  • 第5章 『告白』の記憶論における場所的空間的探求の意味
  • 第6章 『告白』における時間論の構造
  • 第7章 『独白』冒頭の構造と「呼びかけ」
  • 第8章 『独白』における他者認識と自己認識と神の認識との相関性
  • 第9章 私はあなたへと信じる-『ヨハネ福音書講解』二九・六における信論の展開
  • 第10章 呼ぶ・呼びかける・呼び求める
  • 第11章 アウグスティヌスにおける叫びの構造

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アウグスティヌスの探求構造
著作者等 荒井 洋一
書名ヨミ アウグスティヌス ノ タンキュウ コウゾウ
書名別名 Augusutinusu no tankyu kozo
出版元 創文社
刊行年月 1997.2
ページ数 362, 23p
大きさ 22cm
ISBN 442317099X
NCID BA30230058
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97066690
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想