もう黙ってはいられない : 第二次世界大戦の子どもたち

C.ルロイ・アンダースン, ジョーン・R.アンダースン 編 ; 大蔵雄之助 編訳

戦争でもっとも犠牲を強いられるのは、いつも子どもたちだ。第二次世界大戦は子どもたちの暮らしをどう変えたのか。彼らは戦時をどう生きのび、その体験はどんな影響を残したのか。日本、アメリカ、中国、ドイツをはじめ、アジア、ヨーロッパ、オセアニアまで。当時子どもだった世界各地の人びとが、あの未曾有の大戦の記憶を掘り起こす。食糧の欠乏、爆撃の恐怖、高揚する愛国心、戦争ごっこ、戦時放送、デマゴーグ、疎開、強制収容所、肉親の死…。戦後50年を経て綴られる戦争の真実。大戦を記憶する最後の世代から次の世代へ-。かつてない国際的な規模で編まれた、貴重な証言集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 五十年の歳月(民主主義の国に生まれて
  • 二面性の時代 ほか)
  • 2 世界のあちこちで(移民の町の人びと
  • ぼくの村と占領 ほか)
  • 3 狭間に生きる(有刺鉄線の内と外
  • 日本統治下の朝鮮で ほか)
  • 4 生きのびた子供たち(サトウキビ畑の日々
  • 収容所で生きのびる ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 もう黙ってはいられない : 第二次世界大戦の子どもたち
著作者等 Anderson, C. LeRoy
Anderson, Joanne R
大蔵 雄之助
アンダースン ジョーン.R.
大蔵 〓之助
アンダースン C.ルロイ
書名ヨミ モウ ダマッテ ワ イラレナイ
書名別名 No longer silent
出版元 晶文社
刊行年月 1997.3
ページ数 305, 3p
大きさ 22cm
ISBN 4794962991
NCID BA3021357X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97067900
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想