ローマ : 定礎の書

ミッシェル・セール 著 ; 高尾謙史 訳

死体の上に定礎された文明-ティトス・リウィウス『ローマ史』をもとにローマ定礎にまつわる数々の暴力を掘り起こして歴史の暗黒を暴き、人類が暴力の支配を脱して第三項を排除しない安らかな多様体としての文明を創出する道をさぐる。歴史と文化の定礎の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ローマの栄華-白蟻の寓話
  • 黒と白-被覆
  • 帝国と選挙-死者
  • 排除される第三項
  • 群集

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ローマ : 定礎の書
著作者等 Serres, Michel
高尾 謙史
セール ミッシェル
書名ヨミ ローマ : テイソ ノ ショ
書名別名 Rome
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 540
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1997.5
ページ数 459p
大きさ 20cm
ISBN 4588005405
NCID BA30207715
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98009931
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想