日本の地名

谷川健一 著

楠船を操り黒潮の流れに乗ってやって来た海人族。白鳥伝説とともに移り住んだ夷たち。山深い中央構造線に沿ってたどる鍛冶神の足跡。各地に残された地名こそ弥生の時代から近世まで、名もなき人々の暮らしの記憶を伝えてきたものであった。これら小さな神々のあとを丹念にたどりながら、文書に記されないもう一つの日本の歴史を読み解く。

「BOOKデータベース」より

楠船を操り黒潮の流れに乗ってやって来た海人族。白鳥伝説とともに移り住んだ夷たち。山深い中央構造線に沿ってたどる鍛冶神の足跡。各地に残された地名こそ弥生の時代から近世まで、名もなき人々の暮らしの記憶を伝えてきたものであった。これら小さな神々のあとを丹念にたどりながら、文書に記されないもう一つの日本の歴史を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 地名の旅-黒潮のながれに沿って
  • 第2章 地名と風土-中央構造線に沿って
  • 第3章 地名を推理する-白鳥伝説の足跡をたずねて
  • 第4章 固有地名と外来地名-「波照間」論争をめぐって

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 地名の旅-黒潮のながれに沿って(日和山とアイの風
  • 楠船と楠神 ほか)
  • 第2章 地名と風土-中央構造線に沿って(難渋する谷のムラ
  • 姥にちなむ地名 ほか)
  • 第3章 地名を推理する-白鳥伝説の足跡をたずねて(こふの原
  • 物言わぬ皇子 ほか)
  • 第4章 固有地名と外来地名-「波照間」論争をめぐって(「波照間」の地名の由来
  • 隼人の説話)
  • 結語(アイヌ語の地名
  • 「いと小さき」地名 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の地名
著作者等 谷川 健一
書名ヨミ ニホン ノ チメイ
書名別名 Nihon no chimei
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1997.4
ページ数 226p
大きさ 18cm
ISBN 4004304954
NCID BA30199898
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98000751
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想