重複障害児との相互輔生 : 行動体制と信号系活動

梅津八三 著

[目次]

  • 第1部 障害者とのかかわり方(重度・重複障害者の教育のあり方
  • アヴェロンの野生児に学ぶ-心理学の理論と実際 ほか)
  • 第2部 盲児と開眼者の信号系活動の促進(先天性盲人の開眼手術直後の視覚体験
  • 描画作用の機能的考察 ほか)
  • 第3部 信号系理論の構築(言語行動の系譜
  • 生活活動における順応・調整作用 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 重複障害児との相互輔生 : 行動体制と信号系活動
著作者等 梅津 八三
書名ヨミ チョウフク ショウガイジ トノ ソウゴ ホセイ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1997.3
ページ数 283p
大きさ 22cm
ISBN 4130161032
NCID BA30185215
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97065557
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想