眠れる遺伝子進化論

四方哲也 著

「適者生存・自然淘汰」の固定観念を覆す複雑系の生き残り戦略。私たちはどこから来て、どこへ行くのか。ダーウィン進化論をひっくり返し、人間の生き方・社会のあり方に知の変革をもたらす「競争的共存説」の衝撃。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • まえがき シェークスピアになったサル
  • 第1章 進化論は多くの誤解を与えている
  • 第2章 人間は良くできた生物か
  • 第3章 適者生存説は本当に正しいか
  • 第4章 ちょうどよい適者が生き残る?
  • 第5章 偶然によって生き残る?
  • 第6章 競争的共存説
  • 第7章 相互作用が多様性をもたらす
  • 第8章 不愉快な共存
  • 第9章 進化メカニズムを考え直す
  • 終章 生命はこれからどう進化するか
  • 短いエピローグ がんばるべきか、がんばらざるべきか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 眠れる遺伝子進化論
著作者等 四方 哲也
書名ヨミ ネムレル イデンシ シンカロン
出版元 講談社
刊行年月 1997.3
ページ数 231p
大きさ 20cm
ISBN 4062061953
NCID BA30160666
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97065601
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想