豚と沖縄独立

下嶋哲朗 著

戦前の沖縄の豚は黒豚だったのに、戦後なぜ白豚になったのか。著者は、この変化のかげに、沖縄戦後の飢える故郷を救おうと、ハワイのウチナーンチュ(ハワイの沖縄系移民)が太平洋を越えて550頭もの豚を送った運動のあったことをつきとめる。さらに筆者は、学芸と海と豚によって沖縄の独立を達成せんとした先人たちの努力がまやかしの日本復帰にからめとられる秘史を発掘する。豚でたどるユニークな沖縄現代史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 祖国を敵として
  • 2 ウチナーンチュのハワイ移民
  • 3 ヤマト世からアメリカ世へ
  • 4 沖縄を救え
  • 5 豚の太平洋横断
  • 6 見果てぬ夢
  • 7 未来的な人の島へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 豚と沖縄独立
著作者等 下嶋 哲朗
書名ヨミ ブタ ト オキナワ ドクリツ
出版元 未来社
刊行年月 1997.3
ページ数 252p
大きさ 20cm
ISBN 4624410815
NCID BA30160520
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97063668
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想