花の変奏 : 花と日本文化

中西進, 辻惟雄 編著

文学・絵画・工芸・庭園・音楽…日本文化のさまざまな局面に現われた花のモティーフを手がかりに日本人の美の感じ方自然との接し方を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 花の美、花の意匠-花と日本美術
  • 2 文学と花-美術との関わりの中で
  • 3 花は救いとなったか-西行のさくらの歌
  • 4 庭園と花-東西庭園の比較から
  • 5 落花と折枝-蒔絵意匠に見る「散る花」の図像
  • 6 桜狂の画人・三熊思孝
  • 7 衣服における「花」-色から形へ
  • 8 紅型と花
  • 9 音楽と花-沖縄の歌の世界と花
  • 10 仏画と花-源道上人をめぐって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 花の変奏 : 花と日本文化
著作者等 中西 進
大峯 顕
辻 惟雄
書名ヨミ ハナ ノ ヘンソウ
書名別名 Hana no henso
出版元 ぺりかん社
刊行年月 1997.3
ページ数 275p
大きさ 20cm
ISBN 4831507598
NCID BA30154710
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97064298
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想