高エネルギー物理学実験

真木晶弘 著

本書では、高エネルギー物理学実験を目指す人達にとって必須な加速器、測定器の基礎知識を平易に解説した後、高エネルギー物理学の発祥から標準理論の確立までを概観し、最後に現在進行中の中心課題である標準理論を越える諸問題についてとりあげた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 粒子と相互作用
  • 2 加速器と測定器
  • 3 パイ中間子とK中間子
  • 4 クォーク模型
  • 5 ハドロンの構造
  • 6 弱い相互作用
  • 7 電弱相互作用の統一
  • 8 重いクォークとCP対称性
  • 9 クォーク間力と量子色力学
  • 10 大統一理論と高次対称性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高エネルギー物理学実験
著作者等 真木 晶弘
大槻 義彦
長岡 洋介
牧 二郎
書名ヨミ コウエネルギー ブツリガク ジッケン
書名別名 Koenerugi butsurigaku jikken
シリーズ名 パリティ物理学コース
出版元 丸善
刊行年月 1997.3
ページ数 286p
大きさ 22cm
ISBN 462104303X
NCID BA30154288
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97065578
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想