岩波講座文化人類学  第1巻 (新たな人間の発見)

船曳建夫 [ほか] 執筆

[目次]

  • 第1部 ヒトが人間であるために(ヒトはいつから人間であったのか
  • こころも進化する-進化的人間理解と人間文化の同質性
  • 笑いと人間)
  • 第2部 創られる人間世界(構築される身体
  • 東方の驚異、ワイルド・マン、インディアン、グリーザー-近代西欧<民族人類学>によるアメリカ大陸の<占有>
  • 苦しみと人間の可能態-北タイにおける霊媒カルトとHIV感染者グループ)
  • 第3部 新たな人間の目覚め(近未来のトーテミズム-人間と機械と動物の間
  • 拡張する人間観)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岩波講座文化人類学
著作者等 奥野 卓司
山極 寿一
正高 信男
田辺 繁治
福島 真人
竹村 真一
船曳 建夫
落合 一泰
長谷川 寿一
書名ヨミ イワナミ コウザ ブンカ ジンルイガク
書名別名 新たな人間の発見
巻冊次 第1巻 (新たな人間の発見)
出版元 岩波書店
刊行年月 1997.4
ページ数 283p
大きさ 22cm
ISBN 4000107410
NCID BA30137653
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98003006
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想