ヒトラー暗殺計画と抵抗運動

山下公子 編

「七月二十日事件」、白バラ、赤い楽団、告白教会…。反ヒトラー、反ナチズムの運動はどこまで有効だったのか?抵抗の様々な形を掘りおこし、ドイツ現代史の中に位置づける力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 帝国議事堂炎上
  • 第2章 国防軍
  • 第3章 教会の苦闘
  • 第4章 抵抗者たち
  • 第5章 ヒトラー暗殺未遂事件
  • 第6章 「抵抗」を巡って

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒトラー暗殺計画と抵抗運動
著作者等 山下 公子
書名ヨミ ヒトラー アンサツ ケイカク ト テイコウ ウンドウ
書名別名 Hitora ansatsu keikaku to teiko undo
シリーズ名 講談社選書メチエ 102
出版元 講談社
刊行年月 1997.4
ページ数 278p
大きさ 19cm
ISBN 4062581027
NCID BA3013443X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97068420
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想