女であることの希望 : ラディカル・フェミニズムの向こう側

吉沢夏子 著

「個人的なものは政治的」だろうか。やさしさと感受性に溢れた愛の関係を求めて、繊細で鋭敏な議論をくりひろげる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ラディカル・フェミニズムの向こう側
  • 第1章 家族-「個人的なものの領域」として
  • 第2章 選択-女性は主婦を選択できるか
  • 第3章 美の呪縛-平等とは何か
  • 第4章 身体-ジェンダーの社会的構成

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女であることの希望 : ラディカル・フェミニズムの向こう側
著作者等 吉沢 夏子
書名ヨミ オンナ デ アル コト ノ キボウ
書名別名 Onna de aru koto no kibo
出版元 勁草書房
刊行年月 1997.3
ページ数 209, 9p
大きさ 20cm
ISBN 4326651997
NCID BA30104428
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97063894
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想