自己意識とイロニー : マン,カフカ,正負のアイデンティティー

マルティン・ヴァルザー 著 ; 洲崎恵三 訳

イロニーという言語発想法に、人間の自己意識ないし正負の自己アイデンティティーがいかに密接に関わっているか。シュレーゲル、トーマス・マン、カフカ、キルケゴールらの思考と言語表現を鋭利に分析し明らかにする。ゲオルク・ビュヒナー賞受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ロマン主義的イロニーの実相
  • 第2章 イロニカー(反語家)たち
  • 第3章 無への修練
  • 第4章 純粋イロニー
  • 第5章 自己意識とイロニー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自己意識とイロニー : マン,カフカ,正負のアイデンティティー
著作者等 Walser, Martin
洲崎 恵三
ヴァルザー マルティン
書名ヨミ ジコ イシキ ト イロニー
書名別名 Selbstbewußtsein und Ironie
シリーズ名 りぶらりあ選書
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1997.3
ページ数 245, 3p
大きさ 20cm
ISBN 4588021761
NCID BA30040686
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97067901
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想