昔話の源流

稲田浩二 著

沖縄から北海道アイヌ族へ、苗族からイヌイット族へと広がってゆく、スリリングでさえある昔話の源流探索の旅の基底は、人間そのものの根源を問うことにあった。読みものとしてもわくわくとおもしろく、謎解きに満ちた論考十二篇を収める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「稲葉の素兎」試論-その通時的国際性
  • 臼はなぜ梁に登れるか
  • 「猿蟹合戦」の成立
  • 神々の人界巡行-『法苑珠林』と日本説話
  • 「天人女房」タイプの生成
  • 「人影花」考
  • 知瓊説話と「鶴女房」
  • 鳴ズハ雉子モ射ラレマジキヲ-人柱説話の成熟
  • 「瓜姫」系譜考
  • 天翔る馬
  • アイヌ叙事文芸の原質-タイプとモチーフの視点から
  • 物語源流考

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昔話の源流
著作者等 稲田 浩二
書名ヨミ ムカシバナシ ノ ゲンリュウ
出版元 三弥井書店
刊行年月 1997.1
ページ数 386p
大きさ 20cm
ISBN 4838290349
NCID BA2993703X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98025189
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想