人口の原理に關する一論 : ゴツドウヰン氏コンドルセー氏その他諸家の研究に觸れて、社會將來の改善に對する影響を論ず

ロバート・マルサス著 ; 高野岩三郎, 大内兵衛共譯

この本の情報

書名 人口の原理に關する一論 : ゴツドウヰン氏コンドルセー氏その他諸家の研究に觸れて、社會將來の改善に對する影響を論ず
著作者等 Malthus, T. R.
大内 兵衛
高野 岩三郎
書名ヨミ ジンコウ ノ ゲンリ ニ カンスル イチロン : ゴツドウインシ コンドルセーシ ソノタ ショカ ノ ケンキュウ ニ フレテ シャカイ ショウライ ノ カイゼン ニ タイスル エイキョウ オ ロンズ
書名別名 An essay on the principle of population : as it affects the future improvement of society, with remarks on the speculations of Mr.Godwin, M.Condorcet and other writers

人口の原理に関する一論 : ゴッドヰン氏コンドルセー氏その他諸家の研究に触れて、社会将来の改善に対する影響を論ず

人口の原理
出版元 同人社
刊行年月 1933.11
版表示 改訂版
ページ数 3, 4, 4, 9, 357, 36p
大きさ 19cm
NCID BA29902964
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想