France and Munich : a study of decision making in international affairs

by Yvon Lacaze

Traces French-Czechoslovak relations from World War I to the Munich Crisis, with special reference to the roles played by the USSR, Italy, Poland, and the United States. Lacaze analyzes the decision making process at Munich, emphasizing French policies and actions.

「Nielsen BookData」より

この本の情報

書名 France and Munich : a study of decision making in international affairs
著作者等 Lacaze, Yvon
書名別名 France et Munich
シリーズ名 East European monographs
出版元 East European Monographs;Distributed by Columbia University Press
刊行年月 1995
ページ数 366 p.
大きさ 23 cm
ISBN 0880333294
NCID BA26406310
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 英語
原文言語 フランス語
出版国 アメリカ合衆国
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想