Prawo karne oświeconego absolutyzmu : z dziejów kodyfikacji karnych przełomu XVIII/XIX w.

Satnisław Salmonowicz

この本の情報

書名 Prawo karne oświeconego absolutyzmu : z dziejów kodyfikacji karnych przełomu XVIII/XIX w.
著作者等 Salmonowicz, Stanisław
シリーズ名 Roczniki Towarzystwa Naukowego w Toruniu
出版元 Towarzystwo Naukowe w Toruniu
刊行年月 1966
ページ数 293 p.
大きさ 24 cm
NCID BA19506891
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 ポーランド語
出版国 ポーランド
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想