Facing evil

John Kekes

Arguing that the prevalence of evil presents a fundamental problem for our secular sensibility, John Kekes develops a conception of character-morality as a response. He shows that the main sources of evil are habitual, unchosen actions produced by our character defects and that we can increase our control over the evil we cause by cultivating a reflective temper.

「Nielsen BookData」より

この本の情報

書名 Facing evil
著作者等 Kekes, John
出版元 Princeton University Press
刊行年月 c1990
ページ数 xii, 250 p.
大きさ 24 cm
ISBN 0691020957
0691073708
NCID BA11164706
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 英語
出版国 アメリカ合衆国
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想