Order and equipoise : the peerage and the House of Lords, 1783-1806

Michael W. McCahill

Dr McCahill contends that the role of the House of Lords in the 18th and 19th centuries and that of the peers in their individual capacities has hitherto been underestimated.

「Nielsen BookData」より

この本の情報

書名 Order and equipoise : the peerage and the House of Lords, 1783-1806
著作者等 McCahill, Michael W.
McCahil Michael W.
シリーズ名 Royal Historical Society studies in history series
出版元 Royal Historical Society
刊行年月 1978
ページ数 x, 256 p.
大きさ 23 cm
ISBN 090105044X
NCID BA1099235X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 英語
出版国 イギリス
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想