Nature, man, and society in the twelfth century : essays on new theological perspectives in the Latin West

by M.-D. Chenu ; with a preface by Etienne Gilson ; selected, edited, and translated by Jerome Taylor and Lester K. Little

この本の情報

書名 Nature, man, and society in the twelfth century : essays on new theological perspectives in the Latin West
著作者等 Chenu, Marie-Dominique
Little, Lester K.
Taylor, Jerome
書名別名 Théologie au douzième siècle
出版元 University of Chicago Press
刊行年月 [1968]
ページ数 xxi, 361 p.
大きさ 25 cm
NCID BA07034467
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 英語
原文言語 フランス語
出版国 アメリカ合衆国
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想